脱毛の仕組み

私たちの体にはたくさんのムダ毛が生えています。脇や腕、足など目立つ部分以外にも、顔、おなか、背中、うなじなど数え切れないほどムダ毛があります。私たちが目で確認できるムダ毛以外にも、肌の奥にはムダ毛として生えてくる準備をしている毛があります。その毛が成長期の初期に当たります。そしてムダ毛が成長期を迎えると、脱毛の時期となります。

脱毛は光脱毛か医療レーザーを使用して行われることが多いです。どちらもほとんどの機器はメラニン色素などの黒い組織にレーザーの照射が反応します。レーザーの出力によって異なりますが、強い医療レーザーの場合は毛根を破壊するため早く脱毛の効果が得られます。しかし光脱毛の場合は毛根にダメージを与えるぐらいなので、数回施術することで初めて脱毛の効果が得られます。そしてムダ毛の成長期に入るまで次の施術を待ちまた脱毛を繰り返します。回数を重ねるごとに1か月おきから2か月3か月と間隔があいてきます。するとムダ毛も徐々に減り目立ちにくくなるため。脱毛の効果を実感できます。

脱毛をスムーズに行うためには、紫外線によるメラニン色素の蓄積が一番の敵です。紫外線の多い春から夏にかけては日焼けしないように気を付けましょう。